会社方針

PROFESSIONALISM

現場ではキャリアに関係なくプロとしてみなされます。CLAIR JAPANのCREWが仕事をする上で基本となるのが下記のトライアングルです。

QUICKLY … ロードインからロードアウトまで、限られた時間の中で仕事は進んでいきます。言われてから行動、ではなく自分で考えて物事を進めることによって時間の短縮に繋げます。

BEAUTIFULLY … 見た目が綺麗、という事はクライアントや観客にとって非常に重要なことです。ちょっとした工夫や心配りで仕上がりが見違えるように変化したり、結果的に仕事の効率が上がることにもなります。

ACCURATELY … 少しのミスが周りの仕事をストップさせ、スケジュールが大幅に乱れることもあります。自分の役割を1つ1つ正確にこなすことが求められます。

以上の3点において、一角のみが突出するのではなく「Equilateral Triangle」、つまり正三角形を目指しています。その正三角形がキャリアに伴って徐々に大きくなっていくように、1人1人がその自覚を持ち、行動するよう指導しています。



SAFETY

コンサートの現場は常に危険と隣り合わせです。そのため安全指導と機材のメンテナンスは徹底して行っています。CLAIR JAPANはNPO法人 日本舞台安全協会(JASST)の正規会員です。